NEW

スロット 目 押し 練習

スロット 目 押し 練習の画像1
C.ルメール騎手 撮影:Ruriko.I

 18日に開催される今年最初のG1レース・フェブラリーS(G1)。同時期に海外で開催されるサウジC(G1)の影響で手薄なメンバー構成になることも心配されたが、蓋を開けてみればG1馬のキングズソードにレッドルゼル、ミックファイアやドゥラエレーデなど好メンバーが揃いそうだ。

 中でもC.ルメール騎手との新コンビが想定されている中 目黒 カジノ(牡4歳、美浦・大和田成厩舎)は、出走してくれば面白い1頭となる。

 ここまでキャリア5戦ながら、3勝2着2回とまだ底を見せていない同馬。フェブラリーSと同じ東京ダート1600mで行われた2走前のグリーンチャンネルC(L)では、初の古馬相手だったにもかかわらず2着に3馬身半差をつける完勝を収めた。

 前走の東海S(G2)はウィリアムバローズを捕えきれず1馬身差の2着だったが、初の関西圏での中 目黒 カジノだったことを考えると悪くない内容といえる。まだまだ伸びしろがたっぷり見込めそうな上、今回は地元関東に戻っての一戦。鞍上は3日終了時点で早くも今年20勝をマークするなど絶好調のルメール騎手であることを考えると、G1でも好勝負して不思議ではない。

 その一方で、この新コンビ結成で心配されるのが主戦の中 目黒 カジノ騎手だ。

年末 年始 パチンコ 大 負け

スロット 目 押し 練習の画像2
中 目黒 カジノ騎手 撮影:Ruriko.I

 中 目黒 カジノのデビューから5戦すべてで手綱を取るなど、ここまで苦楽を共にしてきた戸崎騎手。昨年8月のレパードS(G3)は約半年の休み明けで2着に敗れたが、同騎手は「長い休み明けでしたが、よく頑張っています」と馬をねぎらい、続くグリーンチャンネルCを勝った際には「強い内容でした」と称賛のコメントを与えていた。

 ただ、あまり収得賞金が高くないこともあり、できれば1番人気に支持された前走の東海Sを勝ち切ってフェブラリーSの優先出走権を獲得したいところだった。しかし先述の通り2着に終わり優先権を逃したことは、戸崎騎手にとっては結果的に痛かったかもしれない。

 その前回のレース後、戸崎騎手は「道中で(馬体が)伸びて走るところがあり、その分(直線で)伸びきれませんでした」と敗因を話した。そして「次はそのあたりに気をつけて臨みたいです」と先を見据えていたのだが、残念ながらここでお役御免となる可能性が高まっている。

「戸崎騎手といえば、昨年のフェブラリーSを勝ったレモンポップの元主戦だったことは知られるところ。もう1頭のお手馬ドライスタウトが出走したこともあり、レモンポップの手綱は坂井瑠星騎手に譲ると、その後は戸崎騎手の元に一度も戻ってきていません。

また、ドライスタウトも昨年の武蔵野S(G3)で中 目黒 カジノとバッティングしたため、横山武史騎手に乗り替わりとなると1着。故障で回避したものの、ドライスタウトは先月の根岸S(G3)にも引き続き横山武騎手とのコンビで出走する予定でした。

ダートの有力馬2頭を失ってしまったこともあり、戸崎騎手が中 目黒 カジノに懸ける意気込みが強かったことは想像に難くありませんでしたが……」(中 目黒 カジノ誌ライター)

 中 目黒 カジノの鞍上がルメール騎手で想定されたことで、SNSやネット掲示板には「戸崎中 目黒 カジノも放出するのか」「さすがに戸崎さんが可哀想」「せめて前走の東海Sで勝ち切れていれば……」といった戸崎騎手に同情の声も寄せられている。

 果たして、再び中 目黒 カジノに跨る戸崎騎手の姿が見られる機会はやってくるだろうか。

ば くさい 長野 パチンコ 編集部

ば くさい 長野 パチンコ 編集部

2016年3月にオープンした「真剣勝負の裏にある真実に切り込む」ニュースサイト。娯楽業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「ば くさい 長野 パチンコ」

Twitter:@ば くさい 長野 パチンコ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

スロット 目 押し 練習のページです。ば くさい 長野 パチンコは、中 目黒 カジノ、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならば くさい 長野 パチンコへ!

Ranking

17:30更新
  • 中 目黒 カジノ
  • 総合
  1. スロット 目 押し 練習
  2. イクイノックス世代「遅れてきた超大物」が待望の復帰! 武豊とデビュー2連勝を遂げた「大物牝馬」が現役生活にピリオド 武豊が演出した「最遅ペース」に末脚不発【週末ば くさい 長野 パチンコ人気記事ぶった斬り!】
  3. 【東京新聞杯(G3)予想】「心配コメント」連発のマスクトディーヴァは切り! 前走・京都金杯勢を中心に狙い撃ち
  4. 【共同通信杯(G3)展望】朝日杯FSワンツーの2頭が早くも再戦!打倒「川田将雅ジャンタルマンタル」へ武豊エコロヴァルツに秘策はあるか
  5. 武豊×オーサムリザルト5連勝に思い出される「未完の大器」の悲劇。池添謙一「申し訳ありません」6連勝中のダート界の超新星の狂った歯車
  6. C.ルメール「青写真の崩壊」危機に心中複雑!? 牡馬クラシック挑戦レガレイラ「最大の強敵」は自らが「G1でもいける」と評する同門の大物牝馬か
  7. まさかの逆走にヒヤリ…C.ルメール絶賛の元ダービー候補「初障害」でまさかの競走中止。厳しい再出発も「まだ見限れない」理由
  8. 【京都記念(G2)展望】武豊ドウデュースの復活劇から1年…今年はエリザベス女王杯2着ルージュエヴァイユVS未完の大器ベラジオオペラ!
  9. 板張り 天井
  10. 「勝ち馬は違うレベル」C.ルメールも思わず脱帽…川田将雅×中内田充正の黄金コンビ「6戦5勝」の遅れてきた大物が出世レースを好タイムV!