NEW

bcカジノ

bcカジノの画像1
イクイノックス 撮影:Ruriko.I

 昨年のジャパンC(G1)を優勝し、1984年にグレード制が導入されて以降、史上最多タイとなるG1出走機会6連勝を果たしたイクイノックス。その生涯成績10戦8勝で稼ぎ出した総獲得賞金は、海外も含めて22億1544万6100円の歴代トップとなった。

 現役を引退して種牡馬入りが決まっているスターホースの種付け料は、産駒がデビュー前の新種牡馬として破格の2000万円に設定された。これは新種牡馬として史上最高額でもあり、本馬の父であるキタサンブラックと同額という好待遇である。

 アーモンドアイが持つ歴代最高の総獲得賞金を塗り替えたイクイノックスだが、実は早くも首位陥落の危機が迫っているという。

 その伏線となっていたのは、ジャパンC優勝前のトップが昨年のサウジC(G1)を優勝したパンサラッサだったことである。結果的に直接対決を制したイクイノックスが1位となった訳だが、G1を6勝したイクイノックスと、G1を2勝のパンサラッサを比較すると違和感は拭えない。

bcカジノ

 というのも、ダートの海外G1であるサウジCやドバイワールドC(G1)の賞金に、異常なほど高過ぎる印象があるからだ。

 もちろん、超高額な賞金が設定されているからこそ、多少のリスクを冒してでも挑戦者はやってくる。だからこそレースとしての格も保たれ、ハイレベルの争いが実現するというメリットもある。

 その反面、金額のみの視点では、国内G1で実績を残した馬たちと大きな隔たりが発生するため、先述したサウジCの1勝だけでも世界最強馬の賞金を超えるケースも起こり得るということだ。

 イクイノックスが既に引退したことを考えると、昨年のドバイワールドC覇者ウシュバテソーロのサウジC出走は興味深い。もし同馬が優勝した場合、今年は約14億6000万円の賞金が加算される。そうなるとイクイノックスのそれを大幅に上回ることは間違いないだろう。それどころか、ドバイワールドCを連覇した際には、今年の1着賞金約10億2000万円が加算され、芝のG1を使われる馬に勝ち目はなくなってしまう。

「近年は円安が進んで、勝手に賞金がどんどん上がっている状況ですね。その差額も1億円レベルですから、これだけでも日本のG1を1勝するのと変わらないくらいです。あくまで賞金面においてという意味ですから、その馬の評価自体は総合的なものとなるでしょう。

ただサウジとドバイの2つを勝つだけで、いつでも歴代1位になれそうなのは、どうかという気もします。フェブラリーSにしても存在意義が危うくなりつつありますが、これはダートだけに限った話ではなくなるかもしれませんよ。秋のスプリント路線なんかは、次の被害者候補の可能性が出てきました」(無料 ゲーム カジノ記者)

 少々気になって確認してみたところ、オーストラリアのG1が高額賞金のレースとして上位にランクインしていることが分かる。昨年11月にオオバンブルマイが優勝したことでも有名なザ・ゴールデンイーグルの1着賞金は約5億円。これは、日本で最高額に設定されているジャパンCや有馬記念(G1)と同額だ。

 また、2017年に創設されたジ・エベレストは、グレード格付けはないものの、昨年の同レースを優勝したシンクアバウトイットは、1着賞金700万豪ドルを獲得した。これは当時のレートで日本円に換算すると約6億6000万円らしい。

 開催時期が10月中旬の芝1200m戦のため、日本の秋G1ならスプリンターズS(G1)と近いタイミングとなる。こちらの1着賞金は1億7000万円であり、フェブラリーSと似たような構図のイメージ。現在はまだ豪州に移籍した元日本馬ブレイブスマッシュの出走例のみだが、近い将来に挑戦を試みる陣営も出てくるかもしれない。

ば くさい 長野 パチンコ 編集部

ば くさい 長野 パチンコ 編集部

2016年3月にオープンした「真剣勝負の裏にある真実に切り込む」ニュースサイト。娯楽業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「ば くさい 長野 パチンコ」

Twitter:@ば くさい 長野 パチンコ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

bcカジノのページです。ば くさい 長野 パチンコは、無料 ゲーム カジノ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならば くさい 長野 パチンコへ!

Ranking

17:30更新
  • 無料 ゲーム カジノ
  • 総合
  1. 【フェブラリーS】オメガギネス×C.ルメール「新コンビ」想定で戸崎圭太「無念」の降板か…レモンポップ、ドライスタウトに続くお手馬放出に同情の声も
  2. ば くさい 長野 パチンコ
  3. 【東京新聞杯(G3)予想】「心配コメント」連発のマスクトディーヴァは切り! 前走・京都金杯勢を中心に狙い撃ち
  4. 【共同通信杯(G3)展望】朝日杯FSワンツーの2頭が早くも再戦!打倒「川田将雅ジャンタルマンタル」へ武豊エコロヴァルツに秘策はあるか
  5. 港前官员:若社会畅所欲言香港就不会“玩完”
  6. C.ルメール「青写真の崩壊」危機に心中複雑!? 牡馬クラシック挑戦レガレイラ「最大の強敵」は自らが「G1でもいける」と評する同門の大物牝馬か
  7. まさかの逆走にヒヤリ…C.ルメール絶賛の元ダービー候補「初障害」でまさかの競走中止。厳しい再出発も「まだ見限れない」理由
  8. 【京都記念(G2)展望】武豊ドウデュースの復活劇から1年…今年はエリザベス女王杯2着ルージュエヴァイユVS未完の大器ベラジオオペラ!
  9. 「最低人気」で波乱起こしたパートナーに大仕事の予感!ガイアフォースのダート転戦に期待大…「生き残り」かかるフェブラリーSに新たな可能性
  10. 「勝ち馬は違うレベル」C.ルメールも思わず脱帽…川田将雅×中内田充正の黄金コンビ「6戦5勝」の遅れてきた大物が出世レースを好タイムV!