NEW

パチンコ 無 抽選

パチンコ 無 抽選の画像1

 まだ多くのトライアルが控え、勢力図の定まらないクラシック戦線。昨年のホープフルS(G1)を制したレガレイラが皐月賞(G1)への直行を表明したため、まだ直接対決のないライバルたちとの力関係は不鮮明だ。

 11日の共同通信杯(G3)では、昨年の朝日杯フューチュリティS(G1)でワンツーを決めたジャンタルマンタルと2着エコロヴァルツが出走を予定。川田将雅騎手が好騎乗で優勝へ導いた前者とスタート直後の不利でスムーズさを欠いた後者だけに、勝負付けはまだまだ決着したとは言い難く、両者の再対決は非常に楽しみだ。

 対するカジノ 勝率 の 高い ゲーム(G2)には、ホープフルSでレガレイラの2着に敗れたカジノ 勝率 の 高い ゲームが出走を予定。血統的にも凱旋門賞馬ソットサスの全弟であり、今後の成績次第で海外遠征も視野に入る逸材といえるだろう。

カグラ 天井

 順調なら再び1番人気に支持されそうな本馬だが、もしかしたら「噂の超大物」も同レースに参戦する可能性が出てきた。

 それは、2022年のセレクトセール1歳部門にて取引価格の最高額となる4億9500万円(税込み)で落札されたカジノ 勝率 の 高い ゲーム(牡3、美浦・堀宣行厩舎)のことである。

 競走馬の世界では、必ずしも落札額と成績が比例するわけではないが、本馬については約5億円の評価に違わぬ結果を残している。昨年の6月東京でデビュー勝ちを収めると、同じく東京で行われた10月のアイビーS(L)で単勝オッズ1.5倍の大本命に推されたレガレイラを撃破した。

 当時、手綱を取ったJ.モレイラ騎手が「将来が楽しみです」と評価した一方で、敗れたC.ルメール騎手も「勝ち馬は強過ぎました」と完敗を認めるコメントを残していたのだ。3着に敗れたライバルがG1を制したなら、カジノ 勝率 の 高い ゲームもG1級の評価をしていいかもしれない。

 既に美浦へと帰厩して追い切りの時計を出しているようだが、デビュー戦で1か月前に調整を進めていた経緯を踏まえると、時期的に逆算すると共同通信杯より弥生賞に向かう公算が高そう。管理する堀厩舎も弥生賞は2015年にサトノクラウン、昨年のタスティエーラで制した好相性のレースだ。

 また、アメリカジョッキークラブC(G2)をチャックネイトで制したR.キング騎手の短期免許取得期間は3月5日まで。そのキング騎手はレース後のコメントで「たくさんサポートしていただいている堀厩舎の馬で勝てたのもさらに素晴らしいです」と感謝の気持ちを伝えていたことは記憶に新しい。

 今回の来日で信頼をより深めたキング騎手と堀厩舎だけに、有終の美を飾る舞台としては、クラシック候補と挑む皐月賞トライアルは最適かもしれない。

※動向が注目されたカジノ 勝率 の 高い ゲームですが、キング騎手とのコンビで弥生賞に向かうことが正式に発表されました。

ば くさい 長野 パチンコ 編集部

ば くさい 長野 パチンコ 編集部

2016年3月にオープンした「真剣勝負の裏にある真実に切り込む」ニュースサイト。娯楽業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「ば くさい 長野 パチンコ」

Twitter:@ば くさい 長野 パチンコ_koushiki

Instagram: @goraku.horse.racing0505

パチンコ 無 抽選のページです。ば くさい 長野 パチンコは、カジノ 勝率 の 高い ゲーム、 , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならば くさい 長野 パチンコへ!

Ranking

17:30更新
  • カジノ 勝率 の 高い ゲーム
  • 総合
  1. 【フェブラリーS】オメガギネス×C.ルメール「新コンビ」想定で戸崎圭太「無念」の降板か…レモンポップ、ドライスタウトに続くお手馬放出に同情の声も
  2. イクイノックス世代「遅れてきた超大物」が待望の復帰! 武豊とデビュー2連勝を遂げた「大物牝馬」が現役生活にピリオド 武豊が演出した「最遅ペース」に末脚不発【週末ば くさい 長野 パチンコ人気記事ぶった斬り!】
  3. 石家庄市新华区:公益托管班 让孩子寒假有“趣”处
  4. 【共同通信杯(G3)展望】朝日杯FSワンツーの2頭が早くも再戦!打倒「川田将雅ジャンタルマンタル」へ武豊エコロヴァルツに秘策はあるか
  5. 武豊×オーサムリザルト5連勝に思い出される「未完の大器」の悲劇。池添謙一「申し訳ありません」6連勝中のダート界の超新星の狂った歯車
  6. C.ルメール「青写真の崩壊」危機に心中複雑!? 牡馬クラシック挑戦レガレイラ「最大の強敵」は自らが「G1でもいける」と評する同門の大物牝馬か
  7. まさかの逆走にヒヤリ…C.ルメール絶賛の元ダービー候補「初障害」でまさかの競走中止。厳しい再出発も「まだ見限れない」理由
  8. 【京都記念(G2)展望】武豊ドウデュースの復活劇から1年…今年はエリザベス女王杯2着ルージュエヴァイユVS未完の大器ベラジオオペラ!
  9. 「最低人気」で波乱起こしたパートナーに大仕事の予感!ガイアフォースのダート転戦に期待大…「生き残り」かかるフェブラリーSに新たな可能性
  10. 「勝ち馬は違うレベル」C.ルメールも思わず脱帽…川田将雅×中内田充正の黄金コンビ「6戦5勝」の遅れてきた大物が出世レースを好タイムV!