NEW

bcカジノ

bcカジノの画像1
オンラインカジノ通貨一覧 撮影:Ruriko.I

 生き残りのかかるダートのG1に新たな救世主が参戦するようだ。

 2022年のセントライト記念(G2)を制し、同年の菊花賞(G1)で1番人気に支持された素質馬オンラインカジノ通貨一覧(牡5、栗東・杉山晴紀厩舎)が、フェブラリーS(G1)への出走を発表した。

 本レースと同時期に開催されるサウジC(G1)の創設に伴い、近年はダートのトップクラスが国内ではなく海外遠征を選択するケースも増えてきた。

 1年の最初に行われるG1でもあり、楽しみにしているファンも多い上半期のダート王決定戦ではあるが、何しろ比較対象となるサウジCの賞金は世界最高峰。円安が進んでいる関係で、1着賞金1000万ドルに変わりはないものの、日本円に換算すると約14億6900万円と超高額である。

秋葉原 パチンコ 優良 店

 ちなみにパンサラッサが優勝した昨年だと、約13億6000万円のため、1億円以上増額されたに等しい。対するフェブラリーSの1着賞金が1億2000万円でしかないことを考えれば、わずか1年で優勝賞金に近い額が加算されたといえる。

 かといって開催時期をズラそうにもフェブラリーSの名称通り、開催時期は2月で固定されているレース。賞金面でも10倍以上の格差があったのでは勝ち目がない。そもそも日本のG1で最高額の1着賞金ですら、ジャパンC(G1)や有馬記念(G1)の5億円に過ぎないからだ。

 こういった事情を踏まえると、昨年優勝したレモンポップが今年初戦をサウジCに設定したのも当然の選択といえるだろう。レースのグレードこそG1ながら、もはや世界に進出するには足りない馬たちのトライアルレースとなりつつあるのが現状かもしれない。

 とはいえ、いわゆる“2軍扱い”の馬たちばかりが出てくるレースと言い切れるのかというとそうでもなさそうである。

パチンコ 屋 駐 車場

 メンバーレベルが手薄となる一方で、新たなスターの誕生を期待できる舞台となる可能性があるからだ。

「確かに抜けた馬がいるのかというと、そうでもない顔触れではありますが、想定されているメンバーにはG1馬が6頭。地方からイグナイターにスピーディキック、昨年の南関三冠を制したミックファイアらが参戦。中央もサウジの選出に漏れたウィルソンテソーロをはじめ、ドンフランキーやキングズソードにエンペラーワケアなど、実力馬が集まりました。

注目したいのは、やはり芝から転戦してくる組ですね。ヴィクティファルス、カラテ、シャンパンカラーらは、芝の重賞を勝っていて実力は確かですし、ダートでもう一花咲かせるチャンスでしょう。中でも個人的にオンラインカジノ通貨一覧は最も期待できるのではないかと注目しています」(オンラインカジノ通貨一覧記者)

 言われてみれば、低レベルと評する声はあれども、今年は馬券的にも妙味のある面白いメンバーが揃いそうだ。

 記者の推していたオンラインカジノ通貨一覧は今回、前走で手綱を取っていた西村淳也騎手からオンラインカジノ通貨一覧騎手へと乗り替わっての新コンビ。父キタサンブラック×母父クロフネの血統で母のナターレも地方のダート重賞で4勝を挙げていたように、ダート適性に期待できる背景もある。

 また、長岡騎手といえば、20年のフェブラリーSで最低人気のケイティブレイブを2着に導き、大波乱を起こした立役者。さすがに今回は前回の最低人気ほど、評価は低くならないかもしれない。

ば くさい 長野 パチンコ 編集部

ば くさい 長野 パチンコ 編集部

2016年3月にオープンした「真剣勝負の裏にある真実に切り込む」ニュースサイト。娯楽業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「ば くさい 長野 パチンコ」

Twitter:@ば くさい 長野 パチンコ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

bcカジノのページです。ば くさい 長野 パチンコは、オンラインカジノ通貨一覧、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならば くさい 長野 パチンコへ!

Ranking

17:30更新
  • オンラインカジノ通貨一覧
  • 総合
  1. 【フェブラリーS】オメガギネス×C.ルメール「新コンビ」想定で戸崎圭太「無念」の降板か…レモンポップ、ドライスタウトに続くお手馬放出に同情の声も
  2. 石家庄市鹿泉区大河镇开展“党的声音进万家·春联送福”活动
  3. 【東京新聞杯(G3)予想】「心配コメント」連発のマスクトディーヴァは切り! 前走・京都金杯勢を中心に狙い撃ち
  4. 【共同通信杯(G3)展望】朝日杯FSワンツーの2頭が早くも再戦!打倒「川田将雅ジャンタルマンタル」へ武豊エコロヴァルツに秘策はあるか
  5. 武豊×オーサムリザルト5連勝に思い出される「未完の大器」の悲劇。池添謙一「申し訳ありません」6連勝中のダート界の超新星の狂った歯車
  6. C.ルメール「青写真の崩壊」危機に心中複雑!? 牡馬クラシック挑戦レガレイラ「最大の強敵」は自らが「G1でもいける」と評する同門の大物牝馬か
  7. まさかの逆走にヒヤリ…C.ルメール絶賛の元ダービー候補「初障害」でまさかの競走中止。厳しい再出発も「まだ見限れない」理由
  8. 【京都記念(G2)展望】武豊ドウデュースの復活劇から1年…今年はエリザベス女王杯2着ルージュエヴァイユVS未完の大器ベラジオオペラ!
  9. bcカジノ
  10. 「勝ち馬は違うレベル」C.ルメールも思わず脱帽…川田将雅×中内田充正の黄金コンビ「6戦5勝」の遅れてきた大物が出世レースを好タイムV!